疾患と手術

HOME > 疾患と手術 > 手術方法 > 僧帽弁形成術

手術方法

僧帽弁形成術

僧帽弁形成術は、ご自身の弁尖と弁輪を利用して僧帽弁を形成し,逆流を改善する手術です。人工弁を使用しないため,長期間の抗凝固薬の内服を避けることができます。ただし、心房細動等の不整脈を合併している場合はこれにあてはまりません。

僧帽弁形成術は、心臓形態維持に優れ、術後心機能も良好に維持できることから、僧帽弁置換術と比較して予後の改善にもつながるとされています。そのため,可能であれば弁形成術の方が望ましい術式と言えます。当科でも僧帽弁閉鎖不全症に対しては、弁形成術を第1選択として取り組んでいます。

僧帽弁01僧帽弁02