疾患と手術

HOME > 疾患と手術 > 手術方法 > 心拍動下冠動脈 バイパス術

手術方法

心拍動下冠動脈 バイパス術

心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB)は狭心症に対する手術術式です。これまで、人工心肺装置を用いて行うことが一般的であった冠動脈バイパス術(CABG)を、人工心肺装置を用いずに行う術式です。

CABG05

人工心肺を用いない利点は体への負担が少ない点です。人工心肺装置をつなげるには大動脈に穴を空けたり、多量の抗凝固薬(血液をサラサラにする薬剤)を投与する必要があります。また、人工心肺装置を使用する術式では、殆どの場合、心臓を一時停止させ、手術完了後に再拍動させるという過程が必要となるため、心筋へのダメージも大きくなります。

一方、心拍動下冠動脈バイパス手術(OPCAB)は心臓を止めずにバイパス手術を行うため、手術難易度は高いですが、手術を受ける患者さんの負担は減少します。

当科では、手術経験豊富なスタッフが手術を担当し、良好な成績を残してきております。