学会活動

HOME > 学会活動 > 2014年

2014年

第28回日本冠疾患学会

東京
2014年12月12日(金)-13日(土)

シンポジウム
  • 「Aorta no touch Off-pump CABGにおける 回旋枝血行再建の選択-In-situ arterial & Sequential grafting-」
    橘 一俊
口演
  • 「完全血行再建を目指したAS併存冠動脈バイパス手術」
    宮木靖子
  • 「冠動脈バイパスにおける両側内胸動脈,胃大網動脈の病理学検討」
    中島智博
  • 「In situ GEAグラフトにおける右冠動脈狭窄率の影響-TTFMによるFlowpatternの検討-」
    萩原敬之

第76回日本臨床外科学会

福島
2014年11月20日(木)-22日(土)

口演
  • 「腹部大動脈瘤慢性破裂の2症例」
    佐藤 宏
ポスター
  • 「EVAR後発症した大動脈十二指腸瘻に対する手術」
    伊藤寿朗

第55回日本脈管学会

岡山
2014年10月30日(木)-11月1日(土)

JCAA選考発表
  • 「SYNTAX時代におけるAorta no-touch Off-pump CABG-All Full Skeletonized In-situ Arterial Graftsの有用性-」
    橘 一俊
一般口演
  • 「80歳以上高齢者に対する急性A型大動脈解離の手術成績」
    中島智博
ポスター
  • 「EVAR後遠隔期に原因不明の瘤径拡大を認めた一例」
    佐藤 宏

28th EACTS Annual Meeting

Milan,Italy
Oct11-15

Oral Session
  • 「Impact of Sequential Bypass Grafting with Full Skeletonized In-situ Arterial Grafts」
    Kazutoshi Tachibana

第67回日本胸部外科学会

福岡
2014年9月30日(火)-10月3日(金)

一般口演
  • 「超低体温循環停止を用いた胸部および胸腹部大動脈人工血管置換術の手術成績」
    伊藤寿朗
  • 「成人先天性心疾患に対する手術戦略の進歩-Valved Conduit Insertion法&Rogh Zone Trimming法-」
    橘 一俊
  • 「外傷性胸部大動脈損傷に対するステントグラフト内挿術の遠隔成績」
    黒田陽介
ポスター
  • 「ファロー四徴症根治術後の成人期再手術」
    高木伸之
  • 「高齢者における僧帽弁形成術とその意義」
    宮木靖子
  • 「糖尿病症例におけるAorta no-touch Off-pump CABGの有用性-びまん性病変に対するSequential arterial grafting-」
    橘 一俊
  • 「外巻きリーフレット弁(Trifecta&Mitroflow)による大動脈弁置換術」
    山下暁立
  • 「Cleftを伴う重症左側房室弁逆流に対する弁形成術-Complete cleft closure&Rough zone trimming法の有用性」
    萩原敬之

第19回日本冠動脈外科学会

東京
2014年7月10日(木)-11日(金)

特別企画
  • 「Graft planning&Harvesting」
    橘一俊
シンポジウム
  • 「SYNTAX時代におけるAorta no touch Off-pump CABGの進歩」
    橘一俊

第42回日本血管外科学会

青森
2014年5月21日(水)-23日(金)

口演
  • 「末梢偽腔の運命から見た急性DeBakey Ⅰ型解離の手術術式の検討」
    伊藤寿朗
  • 「急性A型大動脈解離における臓器灌流障害:発生機序と病態からの対策」
    黒田陽介
  • 「TEVAR術後遠隔期にステントグラフト端が血管壁より突出した2例」
    安田尚美

The Society for Heart Valve Disease 2014

New York City
May8-10

  • 「New Predictive Method Of Resection Line In Mitral Valve Plasty With 3D Tee.」
    Yasuko Miyaki

第114回日本外科学会

京都
2014年4月3日(木)-5日(土)

ポスター
  • 「胸部および胸腹部大動脈手術術後に合併した脊髄障害の検討」
    伊藤寿朗
  • 「心臓再手術の進歩 -安全で確実なアプローチ-」
    橘一俊

第44回日本心臓血管外科学会

熊本
2014年2月19日(水)-21日(金)

会長要望演題
  • 「In-situ RITAによるLAD graftingの有用性‐TTFMによるFlow patternの検討-」
    橘一俊
  • 「Single Sheet Externally Mounted Valveにより大動脈弁置換術-Trifecta&Mitroflow-」
    橘一俊
シンポジウム
  • 「急性冠症候群に対するAorta no touch OPCABの有用性-SYNTAX時代の治療成績-」
    橘一俊
パネルディスカッション
  • 「胸部大動脈瘤緊急手術症例におけるTEVARの役割」
    黒田陽介
一般口演
  • 「腹部大動脈瘤に対する治療の選択-当院のEVAR開始後7年を振り返る‐」
    伊藤寿朗
  • 「僧帽弁閉鎖不全症に対する安全かつ確実な弁形成術に対する取り組み」
    宮木靖子
  • 「糖尿表合併とグラフトデザインに関する冠動脈バイパス術後縦隔炎の検討」
    上原麻由子
  • 「心臓手術後急性期の水分バランス管理におけるTolvaptanの有効性」
    山田広幸
ポスターセッション
  • 「開心術後の呼吸障害に対するV-V ECMO使用の有用性」
    宮木靖子

< 2013年  | 最新の学会活動 |  2015年 >