学会活動

HOME > 学会活動 > 2014年 > 第44回日本心臓血管外科学会

第44回日本心臓血管外科学会

熊本
2014年2月19日(水)-21日(金)

会長要望演題
  • 「In-situ RITAによるLAD graftingの有用性‐TTFMによるFlow patternの検討-」
    橘一俊
  • 「Single Sheet Externally Mounted Valveにより大動脈弁置換術-Trifecta&Mitroflow-」
    橘一俊
シンポジウム
  • 「急性冠症候群に対するAorta no touch OPCABの有用性-SYNTAX時代の治療成績-」
    橘一俊
パネルディスカッション
  • 「胸部大動脈瘤緊急手術症例におけるTEVARの役割」
    黒田陽介
一般口演
  • 「腹部大動脈瘤に対する治療の選択-当院のEVAR開始後7年を振り返る‐」
    伊藤寿朗
  • 「僧帽弁閉鎖不全症に対する安全かつ確実な弁形成術に対する取り組み」
    宮木靖子
  • 「糖尿表合併とグラフトデザインに関する冠動脈バイパス術後縦隔炎の検討」
    上原麻由子
  • 「心臓手術後急性期の水分バランス管理におけるTolvaptanの有効性」
    山田広幸
ポスターセッション
  • 「開心術後の呼吸障害に対するV-V ECMO使用の有用性」
    宮木靖子

| 最新の学会活動 |