学会活動

HOME > 学会活動 > 2013年 > 第43回日本心臓血管外科学会

第43回日本心臓血管外科学会

東京
2013年2月25日(月)-27日(水)

一般演題
  • 「EVAR術後フォローにおけるエコー検査の有用性について」
    小柳哲也
  • 「僧帽弁前尖形成の術式とその限界」
    宮木靖子
  • 「Total arterial no touch Off-pump Coronary Artery Bypass Graftingの現状」
    橘一俊
  • 「僧帽弁前尖形成術(rough-zone trimming法)後のドブタミン負荷心エコー検査(中間報告)」
    柳清洋佑
ポスターセッション
  • 「左開胸、腋窩送血、低体温循環停止を用いた解離性胸部および胸腹部大動脈瘤の治療成績」
    伊藤寿朗
  • 「腹腔内動脈レベルまで挿入を必要とした胸腹部大動脈瘤のステントグラフト手術」
    奈良岡秀一
  • 「心内膜床欠損症に対する僧帽弁形成術の工夫」
    宮木靖子
  • 「僧帽弁位活動期感染性心内膜炎に対する弁形成術」
    宮木靖子
  • 「僧帽弁形成術における逆行性心筋保護した心拍動逆流試験の確実性」
    橘一俊
  • 「僧帽弁位感染性心内膜炎に対する外科治療成績」
    中島智博

| 最新の学会活動 |