学会活動

HOME > 学会活動 > 2011年 > 第39回日本血管外科学会

第39回日本血管外科学会

宜野湾
2011年4月20日(水)~22日(金)

シンポジウム
  • 『遠位弓部大動脈瘤に対する手術戦略-Opne,TEVER,Hybridを使い分ける-』
    伊藤寿朗
パネルディスカッション
  • 『合併症を発症した急性大動脈解離に対する緊急ステントグラフト内挿術の検討』
    栗本義彦
ビデオシンポジウム
  • 『選択的責任肋間動脈灌流法による術中脊髄保護効果について』
    川原田修義
会長要望演題
  • 『経胸壁肋間動脈エコーを併用した機能的AKAの術前同定法』
    小柳哲也
  • 『TEVER後に施行された弓部置換術の検討-末梢吻合部の処理法について-』
    柳清洋佑
一般口演
  • 『感染性動脈瘤に対する凍結保存ホモグラフト移植術の検討-当科における過去10年間の使用経験から-』
    中島智博
ポスターセッション
  • 『急性A型大動脈解離の早期・遠隔期成績~遠隔期成績からみた術式選択~』
    前田俊之
  • 『腹部大動脈十二指腸瘻の2例』
    仲澤順二

| 最新の学会活動 |