学会活動

HOME > 学会活動 > 2009年 > 第62回日本胸部外科学会定期学術集会

第62回日本胸部外科学会定期学術集会

横浜
2009年10月11日(日)~14日(水)

シンポジウム
  • 『僧帽弁広範囲逸脱・複雑病変に対するRC-beating testとRough-zone trimmingの有用性』
    樋上哲哉
ポスターセッション
  • 『Adamkiewicz動脈への責任肋間動脈の術前同定と術中選択的責任肋間動脈灌流法について』
    川原田修義
  • 『「先天性」二心室修復術後の肺動脈弁機能:再手術例からの検討』
    橘 一俊
  • 『心臓大血管手術の週術期SSIに対する術前胸部皮膚培養および術中抗MRSA薬投与の意義』
    山下暁立
ビデオセッション
  • 『ロート胸に対するNuss手術における胸骨傍肋骨固定法』
    橋本 誠
口演
  • 『喀血、血痰を主訴とする胸部大動脈瘤患者に対するステントグラフト治療』
    川原田修義
  • 『ロート胸に対するNuss手術におけるBar抜去後の遠隔期成績』
    小濵卓朗
  • 『僧帽弁形成術におけるretrograde cardioplegic beating test(RC-beating test)の有用性』
    宮木靖子

| 最新の学会活動 |